読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カシスオレンジと彼と

20代の頃、お付き合いする前に

彼からお食事の後にバーに誘われた

居酒屋さんではなく

とあるホテルのバー

お酒が飲めない私に

飲みやすいカクテルを

バーテンダーさんが気遣いをしてくれた

初めてのバーデビューがホテルのバー

ジャスの生演奏が流れる雰囲気にすでに

酔いながら

出されたのがカシスオレンジだった

初めての記念すべきカクテル

生オレンジをしぼった果実の甘さ

そしてカシスの甘さに

一口でほろ酔いに

彼はソルティードックを頼み

初めての乾杯

背伸びした夜は

楽しい会話で弾んだ

彼は私の担当患者さんで

退院祝いにお食事にどうか

と言われ

迷った挙句、申し出を受けた

その食事の帰りだった

病院では見せない彼の笑顔

元気になって退院してくれるのが

一番嬉しいと同時に

もう会うことのない寂しさを少し感じていた

今度リハビリに京都に行きたいんだけど

一緒に行ってくれない?

突然の思いがけない申し出に

躊躇しながらも

酔いに任せて頷いた私

この時

ここから2人の特別な関係が

始まることを

まだ私は知らなかった