読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三人称の哲学

ロベルト・エスポジト著、岡田温司監訳『三人称の哲学〜生の政治と非人称の思想〜』を読み終えました。人格という装置の根本的な問い直しの内においてのみ捉えることができる、つながり。なぜ今この本と再会出来たのか、ようやく解った気がします。