読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三月大歌舞伎 昼の部 歌舞伎座

昼の部は急遽取ったのに、日曜日でもいい席が空いていた。やはり夜の部の助六を見たい人が多いのかも?

私の目当ては評判の碇知盛の仁左衛門

そういえば彼の知盛は見た事ない。平成中村座で上演されているけど歌舞伎座では平成16年以来です。私が見た碇知盛は吉右衛門染五郎幸四郎だと思います。

今回の仁左衛門の知盛は白い衣装になった時に公家の感じが色濃く出ていて、平家の公達だとよく分かりました。吉右衛門にしろ、幸四郎にしても平家の公達より武士であるほうが目立っていたから、最初からかなり違う雰囲気だった。それにしても花道のすぐ側で出を見たら、なんと美しい、、仁左衛門のひいきでもないかったけど、これには魅せられた。その後の血に汚れた知盛は悲壮感漂っていたけど、被虐的な殺陣が魅せる。

義経に全てを託して、海に飛び込む姿が豪快より美しさが勝っていた。

こういう知盛は確かに見た事がなかった。この後の義経の悲劇を考えると最後の弁慶の引っ込みも哀しかった。時蔵典侍の局も位が大きくて知盛と釣り合いが取れていた。義経梅玉もいるだけで見せる。

忙しい中で見てよかったです。

昼の部の最初は真山青果の明君行状記、禁制を破った家臣を裁く明君、池田光政。この役の梅玉は貫禄十分で義経とは違った鷹揚な大人の雰囲気がよく出ていた。

台詞劇だから、理屈が多いけど、面白く見た。あんまり上演されない芝居で初めて見た。

昼の最後はどんつくで三津五郎追善の舞踊。幹部がほとんどそろって見せるが面白い踊りではない。もう三回忌なんだと感慨深かった。息子の巳之助と松緑が頑張ってました。

どちらも日本舞踊の家元だから、巧くて当然だけど。

27日まで。碇知盛はお薦めです。夜の部は別に書きます。