読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クイーンとカセットテープ。

トヨタのCMで、クイーンの懐かしい曲が採用されてますな。デビューアルバムに収められている『キープ・ユアセルフ・アライブ』で、アルバムのド頭を飾る名曲である。曲の懐かしさと一緒に思い出すのが、カセットテープ生活だ。

中坊にとってレコードを買うのは清水からのダイブだ。聞きたいアルバムがたくさんありいつもハングリーで、そんな飢餓状態を緩和してくれるのがラジオだった。昭和40年男はラジオ世代であり、エアチェック世代である。そんな僕をおおいに喜ばせてくれた番組で、ひとつのバンドやシンガーにあててデビューアルバムから数曲ずつをチョイスしてくれるスーパープログラムがあった。番組名は記憶にないが、多くのミュージシャンたちを身近にしてくれた。

各アルバムから名曲ばかりをチョイスしてくれる番組のおかげで、かえってアルバム購入を躊躇することもあった。レッドツェッペリンの例えば4枚目からは『ブラック・ドック』と『ロックンロール』、そしてもちろん『天国への階段』がチョイスされ、さんざん聴き込んだ。4枚目は傑作といわれるがこの3曲を知り尽くしているのにあと5曲のために投資ができるのかと自問自答ばかりを繰り返してしまう。といった具合で、助けていただいた番組ながら余計なお世話じゃと文句を言ったりするバカモノだった。

長い長い前ふりとなったが、この番組がクイーンを取り上げたとき、放送のド頭は『キープ・ユアセルフ・アライブ』だった。この番組のよさは、アルバム順に曲順も若い方からチョイスする。てなわけでツェッペリンではファーストのA-1の『グッド・タイムズ・バッド・タイムズ』である。双方、中坊のハートを粉々にするには十二分な曲じゃないか。これらのテープはまさに伸びちまうほど聴き込んだ。残念だったのは『キープ・ユアセルフ・アライブ』の録音開始をミスってしまい、僕にとってあのかっちょいいイントロはアルバムを買うまで数秒切れていたのだ。そんな記憶も伸びちまうほど聴いたからスッと思い出す。

1973年にリリースされた『キープ・ユアセルフ・アライブ』が古さを感じさせずトヨタのCMで流れている。そんな現象に、僕らはつくづくいい時代を生きたと思えてならない。

<プロデューサーのつぶやき>

自身が昭和40年生まれでもある初代編集長で、現在はプロデューサーとして活動中の北村が、思ったこと、感じたことを同世代へのメッセージを込めて書き連ねます。(本エントリーは、本誌ブログを再掲載したものです)