読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COLDPLAY@東京ドーム

19日の水曜日、仕事を早く切り上げて東京ドームへ。

COLDPLAYのライブ「A Head Full of Dreams Tour」を見に行きました。

前回COLDPLAYを見たのは3年前。

TOKYO DOME CITY HALL です。

当時は、キャパがすごーく小さいスペシャルなライブで、

あの会場で私が一番COLDPLAYを知らない人間だったと断言できるほどでしたが、今回はドームなので、私より知らない人もいるはず

なお、私の知識は前回とほとんど変わらず、

Mylo Xyloto」と「Ghost Stories」と、それに「A Head Full of Dreams」をJ-WAVEでかかるものを中心にふんわりと・・・

でも!大丈夫!絶対楽しめる自信ありです!!

で、挑みました。

前回もイントロどん!でテンション上がる曲もいっぱいで楽しめたし

物販のものすごーい列に並び、Tシャツやタオルを買う旦那と義弟。

(ものすごーい列だったけど、思いの外さくさく進みました)

そして、入場後は飲み物を何本も買っておく旦那と義弟。

私たちの席は1塁側スタンド。

18000円のSS席でもスタンドなんですねー。アリーナは30000円のVIP席だとか。ぎゃふん。

18時。定刻でオープニングアクトRADWIMPS登場。

これまた、さらに知識のない私です

紅白で「前前前世」やってたのは知ってます。

あと、幸いにもラスト2曲の「おしゃかしゃま」と「DADA」は知ってました!

前前前世」はやらなかったな。

時々歓声があがる曲があって、そんなに知られてる曲なのかーと思ったら

「盛り上がる曲は君の名は。の曲」と義弟が教えてくれました。

ぽつぽつと立ち上がって泣きそうな顔してる女の子がいました。

その隣に座ってる男性がいたり。

彼がCOLDPLAY見たくて、彼女はRADWIMPSが出るから行く!とついてきたりしたのかなと推測するのがちょっと楽しいです。

演奏の方は、、、こう、盛り上げるのが上手で、

どアウェイなのにコール&レスポンスもできてたし、

歌も紅白よりずっとずっとよかったです。

そんなこんなで40分のステージ。

「DADA」で踊り狂っていたのに、曲が終わった瞬間に

「ありがとうございました」とお行儀良く頭を下げたのがかわいかったです。

19時10分予定が15分にCOLDPLAY

海外アーティストとは思えない順調っぷりです(笑)

客電が落ちてから、ステージのスクリーンには世界中のファンの映像。

今日までツアーで回ってきた地域が映し出されて、、、

そしてカウントダウン。

5、4、3、2、1、0でスクリーンに登場したのは・・・

ん?誰??

日本人の男女が登場して

「私はー、COLDPLAYが好きすぎてー・・・ステッカーを作っちゃいました〜!」

「ぼくもー、COLDPLAYが好きすぎてー・・・」

「みんなで呼びましょう!せーの!コールドプレーイ!!」

・・・おう・・・これは・・・なんでございましょう。。。

えーと・・・悪いけど、言っちゃうけど、、、

ダセェ。。。

欧米でやるとカッコ良くなるのかもしれないけど、日本人がやるのを日本人がやると、、、何て言うか、、、見ていられない。。。

そんな、ちょっとした沈黙を誘う(?)オープニングからスタートですが、

始まっちゃえばカッコ良かったです。ものすごく。

演出も素晴らしく良かったし。

何しろ楽曲に関する知識のない私なので、その辺はその辺に詳しい方にお任せしまして。。。

入場時にリストバンドが配られたのですが、これがとにかく素敵でした。

自動制御で赤や青で一斉に光ったり、一斉に消えたり、リズムを刻んでついたり消えたり色が変わったり。

「yellow」では照明もリストバンドも黄色く光り、会場が黄色に染まりました。

キレイ

このリストバンドが光ると、なんていうか、自分も星空の一部になりたくて、ついつい腕を高く上げてしまいます

そして、開始早々に大量の紙吹雪がどーん!

ライブ中は、スクリーンに(たぶん)VIP席のお客さんの顔がこまめに映し出されるのですが、みんな顔に紙吹雪つきまくりです。

うーん、みなさんいい笑顔

VIP席はその後も特効浴びまくり、風船も飛びまくりでした。

特効いっぱいだと興奮度上がるなぁ。

それに、クリスに限らずだと思うけどボーカルが花道を走るってのも、なんかやっぱり無条件にテンション上がるよねぇ。

さすがの私でも

「Paradise」は歌えちゃうし、

「Magic」や「Charlie Brown」は大好きだし、

「Fix You」は結婚式で使ったし、

「Viva La Vida」も大声出して盛り上がっちゃうし、

「Adventure of a Lifetime」は、VIP席を飛び回る風船も込みで楽しめるし、

「Something Just Like This」も好きな上に、映像で歌詞も出たから歌えちゃうし、

「A Sky Full Of Stars」もとーっても好きだし、

途中、曲名はわからなくても知ってる!って曲が9割だったし、

基本的にここで盛り上がるぜ!とか、ここがポイントだぜ!ってことを知ってる曲ばかりだったので、

歌って踊って腕振って、クリスの煽りに乗ってジャンプしたりして、猛烈に楽しめました

旦那に「いつも以上に盛り上がってたねー」と言われましたが、

いつも旦那と見に行くバンドはもっともっと曲の構成とかを知らないバンドばかりなので

THE BOOMの時は、こんなもんじゃなく踊り狂ってますよ、ええ。。。

今回ですね、

映像もとても素晴らしかったです。

客席や本人たちも映すんですが、その他、MVや、本人たちのリアルタイム映像にかける効果も良くて、

映像のアニメーションと、本人たちのリアルタイムの映像の効果を同じくして混ぜたり、

センターステージに立つクリスの背中に羽根が生えているように見せたり。

「Something Just Like This」のアニメはめちゃめちゃかわいかったし、

「Up&Up」のMVは見たことなかったんですが、すごくカッコ良くて、、、正直見入ってしまいました。

途中、本編が終わりか?と思ったら、

アリーナ奥のサブステージに、客席を通って移動するメンバー。

かなり近くて感激です。

「on Base, Guitar...today...Oh! everyday」と、20年やってるね!なんてふざけつつガイを紹介するクリス。

それから「Dont Panic」を

「ドラムでキーボードでバッキングボーカルでギターで、全部できちゃうよー!」とかって紹介されたウィルのボーカルで

ネットにあがってるセットリストによると・・・

「Til Kingdom Come」の後、メインステージへ。

で、「All I Can Think About is You」では、イントロを間違えてやり直し。

「ごめんごめん!間違えた!お願い!Youtubeに上げないで!日本、特に愛してるから!ごめん!秘密だよ!!」と謝りに花道へ出てくるクリス

やっぱり、ライブでこういうハプニングに出会うとお得感あるわぁ

そんなわけで、

飛んで踊って歌って、とっても楽しめました

筋肉痛になるかと思ったわ(平気だったけど)

帰りは、、、

リストバンドはリサイクルのため回収しますとあったので、回収場所や回収してる人を人混みの中で一生懸命探したのですが、見つけられませんでした。

どこで回収してたんだろう。

外に出たら、やっぱりリストバンドを持ったままオロオロしてる人がちらほら。

持って帰っても光らないから仕方ないんだけど。。。

ところでこの自動制御のリストバンド、

宝塚のコンサートでも採用してくれないかしら。

大きなLEDのハンドライトって、近くでいきなりつけられると眩しいし、

適当につけたり消したりってのも、なんか盛り上がりにかけるし、

こういう風に、一斉に色やタイミングを制御してやってくれる&サイズが小さめっての、初めて体験したけどすっごくいいなぁ