読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第41戦 曇取山(再戦)

2017年だから2017mの曇取山に登ろう!

ってなもんで4月20日にattack!

3月下旬にattackしようと思ってスコップまで揃えたスケド

ラッセル必須だったみたいで断念!

今回は週間予報で21日が雨っぽかったすけど

気温も上がったし昼には都心に帰ってくるつもりだったので強行です。

お馴染みの西武秩父発の三峰神社行き9時10のバスに間に合わせましたが、西武秩父駅に着いてバス停に並ぼうとすると

一見怪しげなおっちゃんに

三峰神社かい?良かったら乗ってきな!」と

声を掛けられます。

まぁ声をかけられるのも初めてだし、さすがに1回目は断りますよね?

大体は。

でも一見怪しげなんだけど、何だかエモイワレヌ親しみを感じたので便乗させてもらうことにしました!

途中コンビニにも寄ってくれて、バスよりも30分以上早く着いて至れり尽くせりです。

車の中で自らワダと名乗るワダサンは

70歳で定年後、ヨセミテやネパールなど転々としていて

最近はこの秩父奥多摩を自らの体力測定として歩きまわってるようです。

話を聞いた感じ、避難小屋泊まりでこの辺の山塊を縦走してるようで、相当な経験値を持つワダサンに愛着を覚えました。

次に西武秩父発のattackの時には駅に着いたら

まず

ワダサン探そうっ!(笑)

talkも弾んで、送迎代の金一封(¥1000)を支払いいざ!attack開始でございます!

10時15分三峰口入山!

去年の3月のattackでは途中でアイゼン着けたりなんだりで17時すぎの着でしたが

今年は如何に!

白岩山から若干雪が残るところもありましたが

アイゼンを着けるほどでもなく

途中鹿達の歓迎も受け

15時半には雲取山荘着でした。

ワダパイセンから「あの北面の山荘でテントやるんだったら山頂まで登って避難小屋のほうがよっぽど良いよ。空に遮るものはないし、夏なら夜に富士山やってる人達の灯りもみえるしな!」

ってアドバイスされてましたが

とにかく早く山荘でbeer買って一杯やりたかったので、今回はテント泊。

テント張って、beer飲んで夕飯を作ってる間も

ずっと鹿達に見張られてます。

とにかく今回は鹿。

目を合わせてないと、ダルマサンガコロンダばりに

近付いてきます(笑)

立ち上がってこっちから近付こうとすると

やっと逃げていきます。

その距離感がどうにも(笑)

日が暮れてもテントの中は5℃はあって

なかなか快適でした。

テントのすぐそこに鹿達がいるのもわかって

なかなか楽しいテント泊でしたね!

夜になると

ワダパイセンの言うとおり雨が降りました。

てんきとくらすでは降らない感じでしたが

ワダパイセンがいうと

きっと降るんだろうなと思ってしまうのが

不思議。

朝方には雨もあがり5時には撤収して

2日目スタートです。

とはいっても降りるだけ。

三条の湯で温泉とか鷹ノ巣山まわりで水根バス停に降りるとか、いろいろ考えましたが

やはり今回も直!鴨沢!

去年はバスの時間間違えて

せっかく鴨沢に着いたのに

さらに留浦まで歩いたもいう苦い思い出があるので、今回は10時15分発に間に合うように

下山します。

七ツ石の分岐の後

右足を挫いてしまうという

アクシデントもありましたが

何とか下山。

帰りの電車で

三条とか鷹ノ巣周りなら

足を挫くこともなかったかもしれない!とか

コケタ瞬間自分はどこを見てたのか?とか

いつも枝によく頭をぶつけるくらい下見て歩いてるのに何で?とか

ウジウジと過去のパラドックスを想像しながら

駅に着いて足を引きずって何とか帰宅。

これを書いてる今は病院で

レントゲンの現像待ちです(笑)

しかも全治2ヶ月だって!

暫く山はオアヅケかぁ〜…

治ったら次はどこ行くべか?