読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全ての韓国人を許すな!!

http://yusan.sakura.ne.jp/library/korea_kazuoikka/

この事件は絶対に風化させてはいけません。

全ての韓国人はこの様に恩を仇で返し、平気で残虐な方法で人を殺す最低最悪の人種です。

私達は絶対に韓国を許してはなりません。

正義のために根絶やしにするべきなのです。

「その日、和夫さんが実の子のように育て、東京帝国大学まで留学させていた朝鮮人Aを中心に、和夫さんの家で教育を受け、成人するまで育ててもらった朝鮮人青年達が、カマとツルハシ、シャベルをもって、和夫さんのもとに押しかけた。

当時、現場にいたキム・ソンス君は、この時の状況をこう語っている。

和夫(優しい目で)「何故こんなことを、お前たち。」

朝鮮人A「チョッパリ!日本へ失せろ!失せろってんだ!!」

和夫:(わざと怒り声で)

「私が何かお前たちに間違った事をしたかい? 

お前たちは、みな私の子供達だし、私はこの家の家長でありお前たちの父親だ。

お前たちの祖国が独立する事は、私も日頃から強く望んできた事だ。

踊りたくなるような嬉しい日に、なんだって凶器を持って私のところにつめかけてきたんだ? 

私はお前たちをこんな風に教育した覚えはない。

(涙を流して)本当に悲しいよ、朝鮮の子供達。

私は愛情を注いで育ててきたが、結局、日本人と朝鮮人は交じり合う事は出来無いということなのかい?

お前たちが望むんなら、帰ってやろう」

朝鮮人A 意味深長な目配せをBに送る。

(財産を全部処分して帰ったら、俺達はどうやって食ってくんだ?)

朝鮮人B「死ね!チョッパリ!!(日本人への蔑称)この糞野郎!!!」

次々にツルハシが和夫さんの後頭部に振り下ろされ、それと同時にたくさんのシャベルとカマが体をズタズタに引き裂き始めた。

和夫さんの妻は耐えられずに飛び出してきた。

それまでじっとしていた朝鮮人Cは、和夫さんの妻を見ると、彼女の髪をつかんで庭の片隅まで引きずっていった。

そして、なんとその和夫の孤児達13人は、一週間前まで「お母さん」と呼んでいた“彼女を強姦し始めた。

彼女はひどい集団強姦の途中で虐殺された。

朝鮮人Dは、普段、お母さんと呼んでいた彼女の“全身をめった刺し”にし、それでも足りずに“内臓をかき出して”撒き散らした。 」