読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GW旅行 8日目

昨日の疲れはあまりなく感じながら5時半に起きる。

いろいろと準備をして7時半頃ホテルを出発する。

ホテルを出たら今までの気候とうって変わり

肌寒くそして空が真白の状態で

近くにあった高層ビルも白く掠れていた。

地下鉄に乗ろうと階段を利用したが

昨日の影響で足が筋肉痛になってしまい

登りより降る方がとても辛い中、

人混みの流れに乗って地下鉄に乗車する。

地下鉄内でWi-Fiが繋がらないため

リュックサックの中に入れていた日本でレンタルしたWi-Fi端末を見てみたら

契約の500GBをオーバーしていて使えることができなくなっていた。

2つ目の駅で降りてから5分ほど歩いたが

口の中がザラザラし始めてクシャミもたくさん出てきた中、

今回、この都市で一番行きたかった目的地へ向かった。

駅から歩いて約25分でまだ昔の街が残っている地区の中に見つけた。

この都市には西南北と中央の各駅はとても大きく

大勢の乗客の乗り降りが頻繁にあり自分も利用したことがあるものの

東の駅だけは利用したことがなくあまり聞いたことがなかったため

いろいろと調べてみたら実際にあることを知り気になって行くことにした。

駅は日本の田舎の駅みたいでとても小さく

周りは古い家ばかりで砂ぼこりがまう状態の中、

駅前には下車した人たちが知人のクルマが来るのを待っていた。

駅構内の切符売場は1人だけ駅員がいてのんびりしている感じがした。

この小さな駅でも構内へ入るときには入口に荷物検査の機械が置かれていた。

当時は貨物列車がメインだったみたいで一時期、列車の停車があったものの

5年くらい前に旅客扱いを停止し切符売り場だけ扱う駅だったそうだ。

最近は列車も1日3,4本停るみたいで将来的に大きい駅を造るとのこと。

そして歩いて20分掛けて駅の反対側へ廻った。

先ほど行った駅舎より何倍も大きかったが草木が生い茂っていて

ほぼ使われていない状態であったが駅舎内は1ヶ所だけ灯りがついていた。

約1時間ほど散策したがとても面白く感じた。

ホテルを出てから喉が少し痛くなって来たため

バスと地下鉄を使ってホテルへ戻ることにした。

ホテルで少し休んでからマスクを口につけて上着を1枚着込んで再び出発。

近くのバス停からバスに乗って少し離れたところにある自然博物館へ行った。

動物の剥製や宇宙、植物、人の身体についてなど展示されていたが

たくさんの家族連れが来ていて子供たちが走り回ったり

展示してある剥製の動物に股がって記念撮影をするおばさんがいたりして

相変わらずこの国ならではの無法地帯になっていた。

地下に人の誕生について展示してあったが

日本人にとって倫理的にどうかな!?と言うのがたくさん展示されていた。

当初、人の遺体が展示されていると聞いていたが実際にはなかった。

足が痛い中、バスと地下鉄を乗り継いで

今度は過去に行われた五輪スタジアムへ行くことにした。

最近では世界陸上も行われ過去3回行ったか

毎回いろんな企画が組まれているため行ってみることにした。

周辺の五輪パークは観光客が大勢いて

ほとんどの人たちは五輪で使われた施設の記念撮影をしていただけであった。

五輪スタジアムは以前に比べて一部自由に入ることができ

五輪グッズを売っているお店は以前からあったが

隣にマクドナルドが出来ていてダブルフィレオフィッシュのセットを頼んで

昼食として食べてからチケット売場でチケットを購入してスタジアム内へ入る。

最初に新しく企画されたスタジアムの天井を登る。

エレベーターで上がり観客席と天井の間から階段へ登って天井へ上がった

最初は揺れるかと思っていたが命綱を付けることなく

固定された道を歩いてスタジアム内を眺めたり

国家体育館や水泳が行われた水平方、五輪タワーなどを見ることができた。

その後、スタジアム内の貴賓室を見学してから

スタジアムの座席に座り約1時間ほどフィールド内を眺める。

オーロラビジョンには2年前に行われた世界陸上のハイライトが流れていた。

思っている以上に時間を掛けてしまい1度ホテルへ戻り仮眠を取り

再びホテルを出発して近くにある歩行街へ行くことにした。

この都市の歩行街にも警備がたくさんいて警察犬もいたりして

変な誘いや売り込みなどは全くなく独りでのんびり歩くことができた。

歩行街の横にあった出店街へ入ることにした。

サソリやヘビ、タツノオトシゴ、ヒトデなどの

ゲテモノが串に刺されて売っていたりしていたが

他にも普通に食べれるものがあったりして

いくつか口にしながら雰囲気を味わい

今回の旅行を予定通り終わらせることができた。

ホテルへ戻ってから荷物を整理して深夜1時に消灯した。