読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やきもき

母子が授乳をしていた頃には顔をみあって瞳でやりとりをします。

笑う-喜ぶ、 泣く-あわてる、腹ペコ-与える、おしりが濡れた-今すぐ取り替えるね。

このやりとりで意思疏通をはかります。

これがどんどん遠ざかり、心配しなくてすむかと思えば何となく、胸騒ぎがするとたいてい熱を出しています。

母は命に関わると風の知らせでわかるものです。

この感覚は甘えた関係より予感

予知の感覚です。

「僕なんかほったらかし」と父親がいった分だけ、介護病院に入れば来ないのが子供でしょう。