読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1896年の今日

1896年の今日、クララ・シューマン

不勉強でまだ未聴です

クラーラ・ヨゼフィーネ・シューマン(Clara Josephine Wieck-Schumann, 1819年9月13日 - 1896年5月20日)は、ドイツのピアニスト、作曲家。ピアノ教師フリードリヒ・ヴィーク(Friedrich Wieck)の次女(長女は生後まもなく死亡)として生まれる。19世紀に活躍した女流ピアニストであり、また作曲家ロベルト・シューマンの妻としても広く知られている。

プロデビューは1828年、9歳の時、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏会で、モーツァルト・ピアノ協奏曲のソリストを務めたクララは、当時のライプツィヒザクセン王国のみならず、現在のドイツ全域に天才少女としてその名を知られるようになり、以後、19世紀において最も高名なピアニストとなった。

現代においても、ヨーロッパ共通通貨ユーロに統合される前の、最後の100マルク紙幣にクララの肖像が使われていた。

なお、夫ロベルトの死後、クララがそれまでも親交が深かったヨハネス・ブラームスと恋愛関係になったという説が現代に至るまであるが、それを裏付けるものは全く何もない。

ブラームスとの関係

ロベルト没後150年を経た現在でも不倫説が絶えないが、それを裏付けるものは全くない。事実として存在するのは、ブラームスとクララは生涯にわたって親交が深い友人であったということだけである。「フェリックスはブラームスの子供」という噂まで飛び交うほど、親密な付き合いであったといわれている。

なお、ブラームスはクララが没した翌年、後を追うように病没している。ブラームスはクララの危篤の報を受け取り汽車に飛び乗ったが、間違えて各駅停車の列車に乗ったために遠回りとなり葬儀に立ち会えず、ボンにある夫ロベルト・シューマンの墓へ埋葬される直前にやっと間に合い、閉じられた棺を垣間見ただけであったという。

作品

ピアノ独奏曲

4つのポロネーズ Op.1

9つのワルツ形式・狂想曲 Op.2

ロマンス変奏曲 Op.3

ロベルトがこの曲による「クララ・ヴィークの主題による即興曲 Op.5」を作曲している。

ロマンティック・ワルツ Op.4

4つの性格的小品 Op.5

音楽の夜会 Op.6

ベッリーニの「海賊の歌」による演奏会用変奏曲 Op.8

即興曲「ヴィーンの想い出」 Op.9

スケルツォニ短調 Op.10

3つのロマンス Op.11

スケルツォハ短調 Op.14

4つの束の間の小品 Op.15

第4曲スケルツォピアノソナタに転用。

3つの前奏曲とフーガ Op.16 

ロベルト・シューマンの主題による変奏曲 Op.20

ロベルトの「色とりどりの小品 Op.99」の第4曲「アルバムの綴り第1番」を主題としている。ブラームスが同じ主題で「変奏曲 Op.9」を書いている。

3つのロマンス Op.21

練習曲・変イ長調 (c.1832)

ピアノソナタ ト短調 (1841-42)

即興曲ホ長調 (c.1843)

前奏曲ヘ短調

前奏曲とフーガ・嬰ヘ短調 (1845)

J.S.バッハの主題による3つのフーガ(1845)

ロマンス・ロ短調 (1856)

ブラームスの「ピアノソナタ第3番」第4楽章の主題による。

マーチ・変ホ長調 (1879)

ピアノ協奏曲

イ短調 Op.7

カデンツ

ベートーヴェン・ピアノ協奏曲 第3番, 第4番

モーツァルト・ピアノ協奏曲 第20番

室内楽

ピアノ三重奏曲 Op.17

ピアノとヴァイオリンのための3つのロマンス Op.22

歌曲

フリードリヒ・リュッケルトによる3つの詩 Op.12

ロベルトとの共作(全12曲)で、第2、4、11曲のみクララの作。残りはロベルトのOp.37。

6つの歌曲 Op.13

ヘルマン・ロレットの「ユクンデ」からの6つの歌 Op.23

リストが第3曲をピアノ独奏用に編曲している。

演じた女優

映画

キャサリン・ヘプバーン - 『愛の調べ』

ナスターシャ・キンスキー - 『哀愁のトロイメライ

マルティナ・ゲデック - 『クララ・シューマン 愛の協奏曲』

舞台 編集

城月美穂 - 宝塚歌劇団 月組公演『ミルテの花』(1972年12月、宝塚大劇場 主演:美里景/シューマン役)

伶美うらら - 宝塚歌劇団 宙組公演『翼ある人びと−ブラームスクララ・シューマン−』(2014年)